Blood Moon Express

「Blood Moon Express」を100回スピンさせた結果は?最新スロット徹底攻略

Blood Moon Expressとは

「Kalamba Games」社は「Machina Megaways」「Atlantis Thunder」などのフリースピンの購入できる爆裂ビデオスロットを配信しているプロバーダーです。「Machina Megaways」も「Atlantis Thunder」も通常スピンはしたことがありません。

フリースピン購入ができるので手っ取り早く購入して遊んでしまいます。購入額も高額なものが多くて、はまると恐ろしいほどの配当をたたき出す半面、恐ろしいほどに配当がなく、購入額の10%も返ってこないようなこともあるビデオスロットを作っている会社とのイメージが強くあります。
同時に図柄は綺麗で、何かしらのアクションのあるビデオスロットが多いとのイメージもあります。

そんな「Kalamba Games」社が新しくリリースした「Blood Moon Express」は、狼男とドラキュラがビデオスロットの立ち上げ時に表示されるビデオスロットです。

狼男とドラキュラの対決なんかをイメージしますが、ストーリー性は全くなく、ただのイメージキャラクターみたいな感じで拍子抜けしました。

↓ベラジョンカジノはこちら↓

 

↑タップすると公式サイトへ↑

Blood Moon Expressの図柄

この「Blood Moon Express」は変則リールのビデオスロットです。第1リール2段、第2リール3段、第3リール4段、第4リール5段、第5、第6リールは6段と右に行くほど段数が増える形になっています。有効ラインは60ラインです。

このビデオスロットはフリースピンの獲得とミッション達成による賞金の獲得で勝利を目指す仕様になっています。フリースピンはボーナス図柄3つ以上の獲得で10回のフリースピンが獲得できます。
フリースピン中は図柄の配列が反転し、第1、第2リール6段、第3リール5段、第4リール4段、第5リール3段、第6リール2段となり配当が獲得しやすくなります。

 ミッション「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つがあり、選択制です。既定回数中のワイルド出現個数を積算し、規定数を超えるとベット額に対して○○倍の報酬が支払われるものです。

「ブロンズ」は30回転中、最低で250個のワイルド獲得でベット額の10倍の賞金が得られ、最大で900個以上獲得で100倍の賞金が得られます。「シルバー」は50回転で400個のワイルド獲得で15倍、最大で1100個以上のワイルド獲得で200倍、「ゴールド」は75回転で600個のワイルド獲得で20倍、1300個以上で400倍、「プラチナ」は100回転で最低800個で30倍、1500個で1000倍の賞金が得られます。

Blood Moon Expressを実際にやってみて

一見するとワイルドの個数が半端ないのでクリアできるわけないじゃんと思えます。

私もそう思いましたが、このビデオスロットは毎スピン必ず1リール、マルチフライヤーの付いたスタックワイルドが停止します。

例えば100回の「プラチナ」に挑戦した場合、10スピン全て4段のリールにスタックワイルドが出現したと仮定すると400個の獲得になります。
スタックワイルド以外にもWILDはあるので不可能ではない数字です。
何より重要なのがフリースピン獲得時に出現したワイルドも積算されるので、100回のスピンで言えば、複数回引くことができるとミッションの達成はたやすくなるのです。
フリースピンで配当獲得してミッションで獲得できるとなると賞金の上乗せで高配当を獲得できることになります。フリースピンがカギになるビデオスロットであることは間違えありません。

フリースピン中のみ「ドクロ」図柄が出現し、3つ以上溜まるとフリースピン2回とスタックワイルドの出現が2リールに増えます。さらに3つ獲得で、フリースピン2回とスタックワイルドが3リールになるのです。こうなればマックスの達成もできそうな気がします。

Blood Moon Expressを攻略!

 さて早々にいつものように1ドルベットで100スピンと思いましたが1ドルのベットがありません。0.6ドル1.2ドルときりの良い数字はありません。
そういえば先に上げた爆裂スロットも同様でした。「Kalamba Games」の一つの特徴かもしれません。

1.20ドルで100スピン、ミッションはもちろん「プラチナ」でチャレンジ開始です。36回転目にフリースピン獲得です。思いのほか早い獲得に胸が高鳴ります。ここのところすぐに弾けるような好展開がなかったのでなおさらです。

10回のフリースピンで33.70ドルを獲得です。
獲得した賞金は思いのほか少なく少々落胆しました。それでもフリースピン中のWILDのおかげで積算ワイルドは400を超えています。
800の最低条件は行けそうだなと思うと、捕らぬ狸の皮算用でおそらくプラス収支になると思いました。

残り10回転でワイルドの積算は700を超えています。行けそうか微妙な感じです。この時点で収支は約マイナス40ドルなので、あわよくばトントンがみえています。結局100回のスピン終了で獲得できたワイルドは768個で、残念な結果になりました。

うまくできてるわ!と感心してしまいました。収支もマイナス46.30ドルとの残念な結果です。2回ぐらいフリースピン引かないといけないのかな?とも思いますが、配当がなくとも楽しめるビデオスロットもそうありませんよね。
その意味では楽しめるビデオスロットに仕上がっていると思います。1500のハードルは高いけど1000倍は魅力的です。1.20ドルベットで1200ドルです。夢がありますね。夢に近ずくメーターがついているビデオスロットと言えそうです。

↓ベラジョンカジノはこちら↓

 

↑タップすると公式サイトへ↑