Charlie Chance in Hell to Pay

ちょっと遊ぶならこのスロット!「Charlie Chance in Hell to Pay」徹底攻略!

「Play’GO」社からリリースされている「Charlie Chance in Hell to Pay」を紹介します。

Charlie Chance in Hell to Payte徹底攻略

Charlie Chance in Hell to Payとは

このビデオスロットは、ちょい遊びに適しているビデオスロットです。
フリースピンの獲得がビデオスロットの楽しみの一つですが、中々、獲得できずに資金を大きく減らすこともあります。
ギャンブルなので、それなりにリスクがあるとはわかっていても、想定外に資金を減らすことが多いのもまた事実です。資金を大きく減らさずにそこそこ遊べるビデオスロットはないかなと色々と遊んでみた結果、個人的にはこのビデオスロットがそこそこ遊べます。しかも、楽しめるので気に入っています。

↓ベラジョンカジノはこちら↓

↑タップすると公式サイトへ↑

Charlie Chance in Hell to Pay図柄解説

「Charlie Chance in Hell to Pay」の仕様は3段×3段の5ラインのビデオスロットです。
図柄は、「Wild」(12倍)、「ベル」(6倍)、「666」(4.5倍)、「BAR」(3倍)、「ブドウ」(1.2倍)、「リンゴ」(1.2倍)、「レモン」(0.6倍)、「チェリー」(0.6(倍)の8図柄です。「Wild」には「×2Wild」「×3Wild」があり、配当を2倍、3倍にしてくれます。
各図柄には小さな「魔女」の絵が入っている図柄があり、このビデオスロットの肝になります。この「魔女」図柄の付いている図柄が各リールに一つずつ出ると特殊ゲームが獲得できます。この時「魔女」図柄は一直線上に並ぶ必要はありません。とにかく各リールにあればいいのです。

特殊ゲーム・Win Spin・Wild Spinについて

 特殊ゲームは、「Win Spin」「Wild Spin」「マルチフライヤー」「フリースピン」「キャッシュ」のいずれかを獲得できるいわばルーレットです。ルーレットと言ってもキャラクターの「Charlie」が岩を飛び越え停止した岩にかかれている機能が獲得できます。そして、獲得した機能で1回のフリースピンが行えます。ただし、フリースピンを獲得した場合は8回のフリースピンになります。
 「Win Spin」は確実に配当を生じますが期待感が薄い機能です。「Wild Spin」は最も期待感が高い機能です。「Wild」が加算されたフリースピンが行えますが全面Wildも可能性があります。「マルチフライヤー」は、2倍、3倍、25倍のいずれかですが、配当が生じず0配当で終わることが多いです。「フリースピン」は8回で、この間「魔女」の出現率が高くなり、特殊機能を獲得しやすくなります。8回のフリースピンで概ね3回は特殊機能が獲得できます。最後の「キャッシュ」はベット額の2倍~10倍の賞金が獲得できます。
 魔女が揃うのは20回~30回に1回程度ですが、50スピン以上停止しないこともありますが、10スピンで3回も停止することもあり波があります。一つ一つの配当は基本的にショボいです。それでも、配当が生じる機会が多いのでストレスがかからない傾向があります。

特に熱いのは「Wild Spin」の獲得時です。魔女がリールにアタックするたびに「Wild」が加算されます。最高で3回アタックしますが、3回アタックの場合は高配当が確実です。100倍から300倍の配当が期待できます。
つまり100回転させなくとも楽しめるビデオスロットということです。多くのビデオスロットがフリースピンの獲得まで100回転~500回転を要します。その間の資金はほぼ確実に減っていくのですが、深くなればなるほど止められないことになります。そして、やっとの思いで獲得したフリースピンがベット額の数倍で終わってしまう経験は多くの人がしていることと思います。このビデオスロットは100回転も必要ないのでそこそこ楽しめるのです。

実際にプレイしてみて

 ちなみに遊んでみての感覚では「Win Spin」「マルチフライヤー」「キャッシュ」の獲得は30回に1回、「Wild Spin」は50回に1回、「フリースピン」は150回に1回ぐらいの感覚があります。平均すれば20回に1回ぐらいは何かしらの機能が獲得できます。
そうそうに「フリースピン」や「Wild Spin」を獲得したら即やめ、「Win Spin」「マルチフライヤー」「キャッシュ」の場合は継続といった感じで遊んでいます。
まあ、勝ち負けももちょいマイナス、ちょいプラで終わることが大半ですが、最大で6666倍まで獲得だそうです。そうなるためには「フリースピン」の獲得が最短ルートなんでしょうが、確率的にそう期待できないと感じます。なので、ちょい遊びが最も適切なビデオスロットで間違えないと思います。

総評

キャラクターのアクションもかわいらしく、楽しめる場面が多いので、ちょい遊びには適しているはずです。
個人的には最大でベット額の300倍越えを何回か経験しているので気にいています。ただし、長く遊ぶのは適していないと感じます。その理由は大半の配当がショボいからです。
運試し、まつなぎ、気分転換など利用方法は様々だと思いますが、ちょい遊びなら必ず楽しめるはずです。皆さんもチャレンジしてみてはいかがですか?