Who Wants To Be A Millionaire

「Who Wants To Be A Millionaire」徹底攻略!「心音」が流れる緊張感がたまらないスロット

Who Wants To Be A Millionaireとは

ベラジョンカジノで新しくリリースされた「Big Time Gaming」社の「Who Wants To Be A Millionaire」を紹介します。タイトルの通りTV番組であった「ミリオネア」を題材にしたスロットです。構成も番組の通りで楽しめます。

↓ベラジョンカジノはこちら↓

↑タップすると公式サイトへ↑

Who Wants To Be A Millionaireの図柄

シンボル図柄は高配当図柄5図柄、低配当図柄6図柄、スキャター図柄の「Millionaire」図柄に「Wild」を加えて13図柄あります。

Who Wants To Be A Millionaireの特徴

ビデオスロットは2段から7段の変則で、6リールの構成に加えて「エクストラリール」が第2リールから第5リールの下部に4マスある構成です。
いわゆる落ちゲー系のビデオスロットで左から順に同じ絵柄が出現させすれば配当が生じ、消去されます。下部のエクストラリールも含まれます。

このビデオスロットの楽しい点はやはりスキャター図柄3つで獲得できるフリースピンゲームです。獲得すると初期スピン数が8回与えられています。
これをミリオネア同様に「50・50」「テレフォン」「オーディエンス」の3つのアイテムを駆使しながら、4択に成功するとフリースピンを増やすことができます。

失敗すると8回のフリースピンになってしまいますが、成功を続けると最高で50回のフリースピンまで到達できます。また、アイテムを使い果たして「辞退」して、獲得したフリースピンを確定させる判断も必要です。

Who Wants To Be A Millionaireを攻略!

 実際に遊んでみて、小当たりは多くコイン持ちはいいと感じています。

実際に200回以上スピンをしましたが、その間ボーナスゲームの獲得がならなたった場合でもBET額の100倍の金額まで損失額はいきませんでした。

幸いに早い回数でフリースピンを獲得し、順調に18回まで増やせましたが、最終的には13回のフリースピンになってしまいました。

それでもフリースピン中は小当たりの度にマルチフライヤーが加算される仕組みであれよあれよと賞金を獲得できました。0.2ドルBETで54.12ドルの獲得をできたので、もう一回ボーナスをやりたいと200回以上のスピンを行うことになってしまいました。

2回目は残念ながら8回のスピンしか獲得できず5ドル程度の賞金で終わりましたが、爆発力もありコイン持ちも良いので、また挑戦したいと思っています。

通常時も0.2ドルBETでも5ドルを超える配当が出ることもありますので、連鎖次第な側面もあります。スキャター2つでリーチになると「心音」が流れるので緊張感を高めます。凝った作りなので楽しめると思います。この緊張感は癖になりそうな感覚があります。

↓ベラジョンカジノはこちら↓

↑タップすると公式サイトへ↑